無料占い 算命学 無料鑑定 占い結果

  1. 無料占い 算命学 無料鑑定
  2. 占い結果

命式

陰占図


陽木

陽水

陰金

陽金

陽土

陰火
蔵干
陽土

陰木

陽土
午未天中殺( 大運 年運

陽占図

伴星 左肩
鳳閣
伝達
(陽火)
牽牛
攻撃
(陰金)
天胡
病人
身弱(4)
右手 左手
禄存
引力
(陽土)
石門
守備
(陰木)
禄存
引力
(陽土)
右足 左足
天馳
冥界
身弱(1)
龍高
習得
(陽水)
天堂
老人
身中(8)

全ての干支と蔵干が同じ有名人

基本性格

本質的な性格

陰占図で干支の五行のバランスを見ると、
木1 火1 土1 金2 水1 
です(太字は自分自身を表す日干の五行)。
相生が循環しますので、オープンで人からの援助も得られやすいでしょう。

五行のバランスが同じ(日干の五行は異なる)有名人

陰陽のバランスは、
陰2 陽4
で「陽」に偏っていますので、精神面を重視する傾向があります 。

陰陽のバランスが同じ有名人

日干は甲(陽木)です。 いつでも真っすぐで正義感が強く、曲がったことが大嫌いです。人情味に溢れ、周囲からの信頼を集めます。周囲に流されず、あまり細かいことは気にしないおおらかさを持ちます。マイペースで自分の道を切り開いていきます。 辰月の甲です。

日干と月支が同じ有名人

日干支は甲申です。 勘が鋭く、洗練されたセンスを持っています。少し不器用なところがありますが、さっぱりしていて付き合いやすい人でしょう。子供のように純粋なため、時に人に利用されてしまうこともあるかもしれません。

日干支が同じ有名人

年柱は暗合異常干支(辛巳)があります。辛巳は、霊感が強く、先見の明があるでしょう。貧しく育つと異常性が出ると言われます。異常干支を持っていると、少し変わっていたり、人とは少し違う人生を歩む可能性が高いでしょう。 カンが鋭く霊感があったり、芸術的な才能があったりする場合もあります。通常異常干支より暗合異常干支の方が影響が強いでしょう(日柱が一番影響が強く、次いで月柱、年柱で一番影響が弱いです)。

月柱は三業干支/不子の業(壬辰)があります。不子の業は、子供に恵まれないか、子供が自分の思うとおりにならないと言われる業です。三業干支は異常干支に比べると影響は非常に小さく、老年になるまで気づかないこともありますが、自覚して気に留めておくと防げることも多いでしょう。 三業干支は先祖の業を背負ってきていると言われ、その因縁を断ち切る役目があると言われます。 三業干支を持っている人は、特に先祖を大切にすることを忘れないようにしましょう(日柱が一番影響が強く、次いで月柱、年柱で一番影響が弱いです)。

月柱の三業干支が同じ有名人

日支と月支の関係は、半会がありますので、人のサポートをしたり、物事をまとめる能力があります。どこにでも馴染めますが、何を考えているかよく分からない人だと思われることもあるでしょう。日支と年支の関係は、支合がありますので、現実的で結果重視です。人から反感を買うことが多くなるかもしれません。仕事熱心ですし、自分が気に入った人とは長く誠実に付き合います。生貴刑がありますので、部下や目下とのトラブルや、怒りっぽさが暗示されます。破がありますので、カンが鋭く霊感のようなものがあり、心が不安定になりやすいところがあります。破そのものは大きな影響はありませんが、害、刑、冲などと重なるとその影響が大きくなります。

陽占図で見ると、本質を表す胸の星は石門星です。 親分肌で面倒見が良く、周囲に人が集まります。社交的で協調性が高く、清濁併せ呑む器の大きさがあります。集団の中で人と関わっていくことで、活き活きとできるでしょう。

日干と胸の星の組み合わせが同じ有名人

胸の星とその他の星の組み合わせは、
石門星×牽牛星:「世間体に拘る」
石門星×禄存星:「協調性が高くビジネスに強い」
石門星×龍高星:「知的で芸術家的な面が出る」
石門星×鳳閣星:「穏やかで忍耐強い」
となります。

年代ごとの性格

初年期(~30歳位)

初年期は、左肩の星(天胡星)、頭の星(牽牛星)、左手の星(禄存星)の特長が出ます。
感性豊かで少し他とは違う変わったところがあるでしょう。ロマンチストで音楽や芸術的なことに興味を持つでしょう。体は少し弱いかもしれません。
プライドが高く、品行方正です。周囲に気を配り、仕事も完璧にこなすでしょう。エリート的で少し保守的なところがあります。もう少しチャレンジ精神を持つと、尚良いでしょう。また、面倒見がよく思いやり深いので、人が寄ってきます。気前がよく、お金は大きく稼ぎ、大きく使うタイプと言えるでしょう。愛情深く、奉仕精神に溢れているので、人の為になっていると感じる時に大きな幸せを感じられるでしょう。

中年期(30歳位~60歳位)

中年期は、左足の星(天堂星)、胸の星(石門星)、腹の星(龍高星)の特長が出ます。
謙虚で控え目で、補佐的な役割で真価を発揮します。忍耐強く努力できるので、次第に信頼を集めます。引っ込み思案で視野が狭くなりがちなので、少し積極性を意識すると良いでしょう。基本的には表に出過ぎるよりも、一歩引いた裏方的な立場で活躍できます。
親分肌で面倒見が良く、周囲に人が集まります。社交的で協調性が高く、清濁併せ呑む器の大きさがあります。集団の中で人と関わっていくことで、活き活きとできるでしょう。また、チャレンジ精神旺盛で、束縛を嫌います。変化を好み、好奇心旺盛ですので、旅行などもよくするでしょう。学ぶことが好きですが、机でする勉強というよりは、体験学習的な面が大きいでしょう。人には無い発想力にも恵まれます。

晩年期(60歳位~)

晩年期は、右足の星(天馳星)、右足の星(禄存星)の特長が出ます。
無欲でマイペースなお年寄りです。優しいので周囲の人達からも好かれます。晩年もしばらくは落ち着くことなく、忙しく動き回りますが、ある時を境に落ち着いた老後を過ごすでしょう。
面倒見がよく思いやり深いので、人が寄ってきます。気前がよく、お金は大きく稼ぎ、大きく使うタイプと言えるでしょう。愛情深く、奉仕精神に溢れているので、人の為になっていると感じる時に大きな幸せを感じられるでしょう。

晩年期の星の組み合わせが同じ有名人