無料占い 算命学 無料鑑定 占い結果

  1. 無料占い 算命学 無料鑑定
  2. 占い結果

命式

陰占図


陰火

陽土

陰火

陰土

陽金

陰土
蔵干
陰火

陽土

陰火
寅卯天中殺( 大運 年運

陽占図

伴星 左肩
牽牛
攻撃
(陰金)
貫索
守備
(陽木)
天南
青年
身強(10)
右手 左手
貫索
守備
(陽木)
調舒
伝達
(陰火)
貫索
守備
(陽木)
右足 左足
天南
青年
身強(10)
調舒
伝達
(陰火)
天恍
少年
身中(7)

全ての干支と蔵干が同じ有名人

基本性格

本質的な性格

陰占図で干支の五行のバランスを見ると、
木0 火2 土3 金1 水0 
です(太字は自分自身を表す日干の五行)。
相生が「金」で止まりますので、変化の多い環境で活き活きとします。

陰陽のバランスは、
陰4 陽2
で「陰」に偏っていますので、現実面を重視する傾向があります 。

陰陽のバランスが同じ有名人

日干は丁(陰火)です。 繊細で感受性が強く、芸術家肌です。頭の回転が速く、人と違う発想もできますが、熱しやすく冷めやすい、少し飽きっぽいところがあります。激しさを内に秘めていますが、協調性があり、情が厚く周囲の人には尽くす方です。 申月の丁です。

日干と月支が同じ有名人

日干支は丁未です。 自分にとても正直、ある意味ちょっと我侭ですがどこにいても輪の中心になるような人で人から好かれます。いつも元気で、一緒にいると周りを元気にさせるようなところもあります。

日干支が同じ有名人

日柱は三業干支/徳攻の業(丁未)、年柱は三業干支/徳攻の業(丁未)があります。徳攻の業は、人から好かれますが、それ故に自分の時間が持てなかったり、一人の時間を作るのが難しかったりする業です。三業干支は異常干支に比べると影響は非常に小さく、老年になるまで気づかないこともありますが、自覚して気に留めておくと防げることも多いでしょう。 三業干支は先祖の業を背負ってきていると言われ、その因縁を断ち切る役目があると言われます。 三業干支を持っている人は、特に先祖を大切にすることを忘れないようにしましょう(日柱が一番影響が強く、次いで月柱、年柱で一番影響が弱いです)。

日柱の三業干支が同じ有名人

年柱の三業干支が同じ有名人

陽占図で見ると、本質を表す胸の星は調舒星です。 感受性が強く想像力豊かな芸術家肌。繊細で寂しがり屋ですが、ストレスをためやすい面もあり、一人で静かに過ごす時間が必要でしょう。細かい所によく気がつき、批判精神が旺盛で少し毒舌になることもありますが、ロマンチストで心優しい人です。

日干と胸の星の組み合わせが同じ有名人

胸の星とその他の星の組み合わせは、
調舒星×貫索星:「欲が薄く我が道を行く」
調舒星×調舒星:「感性の鋭さが増す」
調舒星×牽牛星:「責任感が増す」
となります。

年代ごとの性格

初年期(~30歳位)

初年期は、左肩の星(天南星)、頭の星(貫索星)、左手の星(貫索星)の特長が出ます。
大人から見ると少し生意気でしょう。元気いっぱいで頭も良く、リーダー的な存在でしょう。喧嘩っ早いところもあります。猪突猛進でチャレンジ精神も旺盛ですが、落ち込みやすいので、挫折したら励まして次へ進ませてあげることが大事です。
しっかりした自分の世界を持っていて、土足で踏み込まれるのを嫌います。独立独歩で一度決めたら何事も諦めずに頑張ります。拘りが強いところがあり、時に頑固者だと思われます。どうしても譲れない部分以外は、協調性を身に付けることが大切です。

中年期(30歳位~60歳位)

中年期は、左足の星(天恍星)、胸の星(調舒星)、腹の星(調舒星)の特長が出ます。
周囲の人達に優しく、異性を惹きつける魅力があるのでモテます。夢に溢れ、海外や未開の地に憧れますので、外国に行ったりすることが増えるでしょう。大人になり切れないようなところがあるので、少し自分勝手で我儘だと思われる面もあります。
感受性が強く想像力豊かな芸術家肌。繊細で寂しがり屋ですが、ストレスをためやすい面もあり、一人で静かに過ごす時間が必要でしょう。細かい所によく気がつき、批判精神が旺盛で少し毒舌になることもありますが、ロマンチストで心優しい人です。

晩年期(60歳位~)

晩年期は、右足の星(天南星)、右足の星(貫索星)の特長が出ます。
いつまでも気が若く、元気なお年寄りです。若い者には負けられないと、リーダーシップを発揮して若い人達との交流を好むでしょう。若者の気持ちが分かる老後になります。毒舌だったり口うるさくなりがちなところには注意しましょう。
しっかりした自分の世界を持っていて、土足で踏み込まれるのを嫌います。独立独歩で一度決めたら何事も諦めずに頑張ります。拘りが強いところがあり、時に頑固者だと思われます。どうしても譲れない部分以外は、協調性を身に付けることが大切です。